アイスライン・トラバース ツアーの流れ

DAY
cirqle

出発前日のオリエンテーション

集合場所

ヤムナスカ・オフィスに集合。

ヤムナスカオフィスにご集合ください。(待ち合わせ時間などの詳細はツアー出発2週間前の最終案内でお知らせいたします。)

メンバーの顔合わせ、行程の説明、装備の確認をいたします。(所要時間約1時間。)

宿泊先

ツアーに含まれておりません。

食事

[朝]×[昼]×[夕]×
DAY
cirqle

神秘のへ出発

集合場所

ヤムナスカ・オフィスに集合。
ヤムナスカ・オフィス ⇒ タカカウ滝駐車場 ⇒ スタンレーミッチェル小屋

ヤムナスカ・オフィスで担当ガイドと待ち合わせ。装備などの最終確認をした後、専用車で登山口へ向かいます。大瀑布から響き渡る轟音を耳にしながら、ヨーホーバレーの整備された登山道を登っていきます。この日は終日森林の中のハイキングとなりますが、出発地点のタカカウフォールズ、途中のキャンプ場そばに落ち込む、ラフィング・フォールズなど、大きな滝を眺めることができます。ラフィング・フォールズを過ぎたあたりから登山道はつづら折りの登りとなり、標高を上げていきます。このころになるとヨーホーバレーの奥にあるヨーホー氷河を遠望することができます。登りがひと段落してくると、まもなくカナダ山岳会の山小屋であるスタンレーミッチェルハットに到着いたします。

車両で移動 約1時間30分
ヨーホーバレー・トレイル
歩行距離約10Km 標高差↑520m

宿泊先

スタンレーミッチェルハット

食事

[朝]×[昼]○[夕]○
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
DAY
cirqle

アイスラインの核心部へ

スタンレーミッチェル小屋 ⇒ アイスライントレイル ⇒ タカカウ滝駐車場 ⇒ キャンモア

快適な山小屋で1泊した後、往路とは異なる登山道、アイスライントレイルを利用して下山します。このアイスライントレイルはヨーホー国立公園の中でも、最も人気のあるコースの一つであり、アイスラインという名前の通り、アイス=氷河を眺めながらのハイキングとなり、タカカウフォールズの上に広がる氷原=ワプティックアイスフィールドや、ヨーホー氷河を大パノラマで見ることができます。駐車場まで戻った後、キャンモアのオフィスまで移動して、ツアーは終了となります。

アイスライン・トレイル
歩行距離約11km 標高差↑135m↓685m
車両で移動 約1時間30分

宿泊先

この日の宿泊はツアーには含まれません。

食事

[朝]○[昼]○[夕]×
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
ツアーのお問い合わせ