シャドーレイク・ロッジ滞在型ハイキング ツアーの流れ

DAY
cirqle

出発前日のオリエンテーション

集合場所

ヤムナスカ・オフィスに集合。

ヤムナスカオフィスにご集合ください。(待ち合わせ時間などの詳細はツアー出発2週間前の最終案内でお知らせいたします。)

メンバーの顔合わせ、行程の説明、装備の確認をいたします。(所要時間約1時間。)

宿泊先

ツアーに含まれておりません。

食事

[朝]×[昼]×[夕]×
DAY
cirqle

神秘のへ出発

集合場所

ヤムナスカ・オフィスに集合。
ヤムナスカ・オフィス ⇒ レッドアース・クリーク登山口 ⇒ 入山 ⇒ シャドーレイクロッジ

ヤムナスカ・オフィスで担当ガイドと待ち合わせ。装備などの最終確認をした後、専用車で登山口へ向かいます。初日の登山道は起伏が少なく、整備の行き届いた樹林帯の道なので、無理なく足慣らしができます。約6時間でロッジに到着します。ロッジ滞在者にふるまわれるアフタヌーンティーを楽しみながら、滞在中の注意点などの説明がガイドよりあります。その後、シャドーレイクまで散策しましょう。ロッジにはシャワーもあり、各自で夕食までゆっくりおくつろぎください。

車両で移動 約30分
レッドアース・クリーク・トレイル
歩行距離約13.5Km 標高差↑400m

宿泊先

シャドーレイク・ロッジ

食事

[朝]×[昼]×[夕]○
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
DAY
cirqle

名峰の聳える世界を満喫

ロッジ起点の日帰り山行

ロッジを起点とした終日の日帰りハイキングを楽しみます。シャドーレイク周辺にはいくつかハイキング・コースがありますが、皆さまと相談してグループに一番適したベストなコースをご案内致します。

コース案1
ギボン・パス
歩行距離約6.5Km 標高差↑500m

山上の高山帯メドウを目指すギボンパスは、このエリアで最も人気のコースです。花のシーズンに訪れれば、様々な種類の花が咲き乱れるフラワーハイキングを楽しむことができます。また、峠周辺はカラマツの群生地でもあるため、秋の紅葉シーズンに訪れれば、一面が黄金色に染まる素晴らしい紅葉ハイキングが楽しめます。峠までは比較的短時間で到着するため、コンディションに応じて近くのピークへ登頂するなど、様々なオプションが可能です。

コース案2
Mt.ボール・アンフィシアター
歩行距離約10Km 標高差↑150m

名峰マウント・ボール(3311m)の麓に向かって歩いていくコース。シャドーレイクに流れ込む小川の上流に向かいながら、小さな谷を詰めていくと、アンフィシアター(円形劇場)と呼ばれる特異な地形のエリアに到着します。これはマウント・ボールの氷河の浸食でできた巨大なカール地形の一つで、ロッキーならではの壮大な景観を楽しめます。改めて自然の脅威を感じさせてくれることでしょう。

宿泊先

シャドーレイク・ロッジ

食事

[朝]○[昼]○[夕]○
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
DAY
cirqle

名峰の景観

シャドーレイクロッジ ⇒ レッドアース・クリーク登山口 ⇒ ヤムナスカ・オフィス

今日は下山日となります。名残惜しさを感じながらシャドーレイク・ロッジを後にし、再び樹林帯のトレイルを緩やかに下っていきます。レッドアースクリーク駐車場に到着後、キャンモアのオフィスまで移動した後、ツアーは終了となります。

レッドアース・クリーク
歩行距離約13.5Km 標高差↓400m
車両で移動 約30分

宿泊先

この日の宿泊はツアーに含まれません。

食事

[朝]○[昼]○[夕]×
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
ツアーのお問い合わせ