ミスタヤ・ロッジ滞在型ハイキング ツアーの流れ

DAY
cirqle

出発前日のオリエンテーション

集合場所

ヤムナスカ・オフィスに集合。

ヤムナスカオフィスにご集合ください。(待ち合わせ時間などの詳細はツアー出発2週間前の最終案内でお知らせいたします。)

メンバーの顔合わせ、行程の説明、装備の確認をいたします。(所要時間約1時間。)

宿泊先

ツアーに含まれておりません。

食事

[朝]×[昼]×[夕]×
DAY
cirqle

ミスタヤの谷へ出発

集合場所

ヤムナスカ・オフィスに集合。
ヤムナスカ・オフィス ⇒ ゴールデンのヘリポート ⇒ ミスタヤロッジ

ヤムナスカ・オフィスで担当ガイドと待ち合わせ。装備などの最終確認をした後、専用車でゴールデンのヘリポートへ向かいます。朝一のフライトにて、ヘリコプターで入山となります。約18分間のフライトが、ミスタヤ・ロッジの目の前まで我々を運んでくれます。ロッジ到着後は、ロッジの使用方法、ハイキングの注意点を確認した後、半日ハイキングを楽しみましょう。ロッジにはサウナもあり、各自で夕食までゆっくりおくつろぎください。

車両で移動 約2時間
ヘリで移動 約10分
ロッジ起点の半日ハイキング
point

宿泊先

ミスタヤロッジ

食事

[朝]×[昼]○[夕]○
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
DAY
cirqle

他に誰もいない世界を満喫

ロッジ起点の日帰りハイキング

丸2日間、終日の日帰りハイキングを楽しみます。ロッジからは、様々な難易度のハイキングコースがありますが、ロッジ周辺の山域はヘリコプターでしか入山できないため、ロッジ滞在者だけで山域を独占できます。天候、トレイル・コンディションなどを考慮しながら、皆さまと相談してグループに一番適したコースをご案内致します。

コース案1
スリーレイクス・サーキット
歩行距離約7km、標高差↑500m

ミスタヤ・エリアの定番コース。レプリカン・レイク、ロングシャドウ・レイク、ストーンバード・レイクの3つの湖を巡ります。このうちレプリカンのみは氷河湖ではなく、水温もやや高いです。暑い日は泳げるかもしれません! アネモネの群生地であるヘザーリッジと、ミスタビスタという小ピークも経由するため、パノラマ・ハイキングも楽しめます。

コース案2
グレーシャーズ・ビュー・トレイル
歩行距離約6km、標高差↑300 m

迫力の氷河をこころゆくまで堪能するコース。ワイルドキャット氷河、オフィディアン氷河、ネクサス氷河の展望を経て、最後にグリンドル氷河に向かうルートは、非常にドラマティックです。

コース案3
ウエスト・ペイトーピーク
歩行距離約10km、標高差↑850 m

カナディアンロッキーにおいて、ハイキングで登れる山の中では「最も壮大な景色」を望めるコースの一つです。氷河だけでなく、広大なワプタ・アイス・フィールドを望めるのが最大の魅力。しかし、コース難易度は非常に高く、標高差850メートルの登りは、ほとんどがガレ場、急登も多く、健脚向きのコースとなっています。天候ももちろんですが、グループの足並みが揃うことも重要となります。

宿泊先

ミスタヤロッジ

食事

[朝]○[昼]○[夕]○
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
DAY
cirqle

下山

ミスタヤロッジ ⇒ ヘリコプター下山 ⇒ ゴールデンのヘリポート⇒ キャンモア

ヘリコプターで下山する日になります。フライトは朝一番の便ですので、朝食後、荷物をまとめてスタンバイします。約18分間のフライトでヘリポートに到着後、キャンモアのオフィスまで移動してツアー終了となります。

ヘリで移動 約10分
車両で移動 約2時間

宿泊先

この日の宿泊はツアーに含まれません。

食事

[朝]○[昼]×[夕]×
ツアーの写真
  • ツアーの写真
  • ツアーの写真
ツアーのお問い合わせ