山小屋縦走
  • イメージ
  • 山小屋を使うことの安心感

    北米の自然公園では、道路からはアクセスできないような山奥のエリアをバックカントリーと呼びます。山小屋利用のツアーであれば、比較的少ない荷物でバックカントリーに宿泊し、手軽に大自然を体験できることが魅力です。

ロッキー山脈エリア 全3種類の山小屋縦走ツアー!
世界一美しい尾根歩き。

ヘリコプターでしか入山できない奥地「エスプラナーデ山脈」を舞台に、最小限の荷物で世界一の尾根歩きを実現! ニュージーランドのミルフォード・トラックと比較されるこのツアーは、3か所の山小屋をつなげて縦走します。

  • ツアー日数
    6 DAYS
  • コース難易度
    中級
ロッキー最大のタカカウ滝と氷河を巡る。

森林限界を超え、氷河に沿って続く「アイスライン・トレイル」を全踏破します。ロッキーで最大であり、カナダでは2番目の落差(384m)を誇る、タカカウ・フォールズと、壮大なヨーホーバレーの景観は圧巻です!

  • ツアー日数
    2 DAYS
  • コース難易度
    中級
大氷原を縦断するアドベンチャー。

バンフ国立公園に残る見渡す限りの氷の世界。山岳ガイドと共に、ワプタ大氷原を目指す冒険の旅へ出かけましょう。氷原を超え、二つの山小屋をを縦走するスケールの大きな山旅は、日本では絶対に体験できない氷河ハイキングです。

  • ツアー日数
    3 DAYS
  • コース難易度
    上級
山小屋縦走ツアーをオススメする理由。
  • 宿泊型のため、より標高の高い亜高山帯まで足を延ばすことが可能!

    奥地にある山小屋を利用することで、1日のハイキングだけではとても訪れることのできないような場所や、森林限界を超えた標高の高いエリアまで足を伸ばせることが最大の魅力です。たとえ1泊2日の行程だとしても、見える世界は大きく変わってくることでしょう。

    • イメージ
  • 山小屋宿泊なら夜間の安心感が違います。

    カナダの山奥に足を踏み入れてみたいけど、キャンプは少し不安。そんな方も多いのではないでしょうか? 山小屋により、ベッドを備えているタイプや、寝袋で寝るタイプの違いはありますが、小屋の中であれば大自然の中でも安心してお休みいただけることでしょう。

    • イメージ
  • もちろん食事やティータイムも楽しみの一つ。

    通常の山小屋ツアーでは皆で食料を運びこむため、何でも持って行くわけには行きません。しかし、ヤムナスカのツアーでは、なるべく軽量でありながらも一工夫のある食事をご提供したいと考えています。また、エスプラナーデ トラックのようにヘリで食料を運ぶツアーであれば、フレッシュな野菜フルーツもたくさんテーブルに登場します!

    • イメージ